ホンイキの妄想

看護師32歳 国境なき医師団をめざしてます。すきなことをとことん研鑽して、そこから見えるみらいを創造します

プログラミングをはじめるよ

アフリカから帰ってきて1年弱。

働きながら、これからできること

したいこと

必要とされること

を模索していました。

 

その中で

仮想通貨、Iot、AI、

まだまだくわしくはわからないけれど

 

パソコンが

インターネットが

スマホ

 

あたらしい価値観が

日常生活に浸透したように

これからどんどん変わっていく

兆しがひしひしと伝わってきて

おもしろい時代がきたな、と日々たのしいです。

 

そんな時代に

自分はというと、

 

同じ地球上に生まれてきたのに

紛争、暴力、貧困などに囲まれた

環境で生活をしている人

 

その人たちと共に

いま感じている未来へのワクワク、

日常の楽しみ

を一緒に感じていたい。

そして、ぼくらの生き方を決める手段をもちたい。

 

そんな思いでいます。

 

国境なき医師団の緊急援助は

いまの状態を救うことができます。

しかし、その後の生活も考えなければならないです。

 

現地に行ける人だけではなく、

普通に日本に暮らしているなかから

遠くの国のひとに関わる手だては

ないのかな?

 

ずっとその思いがありました。

 

その疑問を打破してくれるのが

ITなのでは?

とすごく期待してます。

 

具体的に、言語化するにはまだしばらくかかりそうですが、思い立ったらやるしかないです。

 

プログラミングはじめました。

 

今後はプログラミングのあれこれをジリジリしながら、手探りでやってる感じも書いていきますので、低レベルですがおつきあいください。

初期衝動におもいを馳せる時間をつくる

ゲスの極み乙女の「オトナチック」

という曲がある。

ボーカルの人がどんな人なのかなんて

会ったこともない人だから

とくに興味なし。

 

ただ、曲は好き。

 

この曲の中の歌詞の一部

 

"かしこくなる必要なら 

とっくの昔に置いてきた

 

走りだそうとしたときから

しょいこんだおもい 投げだすくらいなら

 

前を向いて 前を向いて 前を向いて

目を合わして 歌にするから

 

耳かしてくれ"

 

この部分は、いろいろな思いがあふれてきて

いまを踏ん張れる。

 

あの時抱いた思い。

そんな感情はだれにでもあると思うけど、時折おもいだしてみると、意識下にある気力を感じられる。

世代別という枠をこえる

本Life shiftにこんな言葉が。

 

"年齢的に均質な人的ネットワークの中で

メンバー同士がつき合えば、

その集団のアイデンティティが強化される。

そして、

生き方についてみんなが同じ考え方をし、

同世代の人間を紹介しあう傾向が強まる"

 

"問題は、

年齢による分断が

高齢者差別につながることだ。

異なる年齢層の人と交わらなければ、

「我々対彼ら」

という発想にはまりこみ、

固定観念と偏見をいだきがちなのである"

 

まさに、今までの日本の状態。

核家族が増えて人とのつながりが限局された世界。

インターネットの普及により

世界がひろがっているように感じるが、

イヤな部分はブロックして

好きなことで周りをかためる。

 

そうなると、

逃げ場がふえて、いやだな、なんなのこの人とか感じ自分の感情と向き合う時間がそこなわれる。

結果、自分のこともよく理解しない。他人のことも理解しない。人の感情を尊重するなんてことが縁遠くなってきてるように感じる。

 

さらにつづく

"固定観念と偏見を打破する手立てのひとつは、集団間の接触を増やすことだ。

年齢層の異なる人たちが

触れあう機会が増えれば、

人的ネットワークの年齢的な均質性が崩れはじめる"

 

"異なる年齢層の人たちが共通の経験をし、それを通じておそらくは友情をはぐくむからだ。

こうして、高齢者が「別世界」の住人という状況は変わりはじめるだろう"

 

人と関わることは

めんどくさいけど、

めんどくさいことの中に温かいなにかがあるもんだから関わりをもっていこう。

少なくとも今ある関わりは自分から断ち切ることのないようにしよ。

 

でも、めんどくさいなぁ。(笑)

僕とクロノトリガー ⑤

ゲームしながら、メモしてたのにこの日は夢中になってメモするの忘れてました。…ゲーム楽しい。

 

なので、うろ覚えで書くよ。

 

どうも過去にとばされたっぽく、お城に突如帰ってきた王女様がマールだろーと思って、城に行ったらマールだった。やっぱり。

 

間違えられちゃった。うっかり。

的な軽いノリかと思いきや、

 

このままだと本来助かるはずだった、本物の王女が誘拐されたまま助からなくなる。

そして先祖にあたる王女がしねば、マールは存在しなくなる。

 

なんて展開になりマールは消えてしまう。

 

ここからルッカが仲間になり救出作戦へ。

 

ルッカはブルマに似てるねー。

クロノは悟空に似てるし。なんだかこの2人安定感あるわー。

 

物語すすめると、修道院に王女様がいて結構つよいボスのヤクラとたたかう。仲間になったカエルがいないと倒せなかったね。

…カエル!?

 

そう!カエルです。

 

いやー、こんな早くでてくるとは思わなかった。いぶし銀な剣士、こりゃ人気でるはずだ。

 

ワンピースのゾロもやけど、クールで男気ある剣士は日本人の心をなぜこうも掴んでしまうのかね。

 

無事救出し、現代へもどりました。

さいごに、大臣が言ったことばが印象にのこる

 

「私たちの国も、警察署や裁判所をつくらなければ」

えーー!

なかったんかいっ!!

そりゃかんたんに誘拐されるっつーの。人騒がせな。。

 

プレイ時間:01:33

おじさんはしる

ダイエットには運動は欠かせません。

 

かといって、おデブさんが急に走り出すと

カラダへの負担も懸念されるため

カラダ孝行な平和を願うおデブさんは考えました。

 

 

”そうだ!好きなときにはしろう“

 


ーはじめましたー

毎日時間は30分
走りたいときにはしり
歩きたいときはあるく。

 

その間は、アプリでカロリー、距離などを計測する。
その結果を5日毎にまとめて
ここに投稿します。

 

そんなんでやせるの?

それは検証してのおたのしみに。

僕とクロノトリガー ④

無事届きました。
さぁ、これで僕とクロノトリガーをさえぎるものはなくなりました。

 

開始です!

 

まずオープニング。ワクワクと胸を圧迫する感覚がたまらんです。
時計の音がまたドキドキさせてきますね。

しかしクロノトリガーのオープニングはすごくアッサリしてて、あれ?ってなる。個人的にはもっと長く、映像とかでこれからの冒険を想像させてくれるとうれしい。


そして冒険のはじまりの場所は
ベッドです。朝起こされてです。鉄板ですなー。

 

この鉄板な感じ、好きです。

 

鉄板なことは鉄板になりうるだけの理由があるんですね。
ねむってた冒険心をゆさぶり起こすかのような、いまから始まるよ。朝だよ。って。
やはり母からの愛情なのですよ。はじまりはいつも。

 

で、今日は建国1000年の、千年祭らしいです。
リーネ広場の人々に話をきくと
どーも400年前の魔王軍とのたたかいに勝ったから今がある。

 

魔王かぁ。
おそろしい響きだ。
ゲームに限らず現実にあてはめても、とんでもない奴が歴史上いたんだから、魔王とたたかうってことは意外に非現実的なことではないんよね。

おれも勇者にはなれなくても、はずれの村に妙な力をもつ青年がいる、なんてていで勇者ご一行にみつけられて仲間にしてもらいたい。そのためにできることをがんばるかー。

 

んなことはいーとして、
リーネ広場でレース予想して、ノルシュテイン・ベッケラーの実験小屋で結構あそんで、奥にすすんだら女の子にぶつかった。

べったべたです(笑)

ペンダント拾ってあげたらデートすることになった(笑)

この人、マーラはおてんばな王女らしい。なんかどっかの村人が言ってた。

 

ベタな展開で広場を一緒にまわることになったんだけど、ひとりでまわるのとは全然ちがうのね。

 

女の子のリアクションが隣で聴けると、男ってのはこうも簡単にしあわせな気持ちになるもんなんだね。
おそるべき単細胞やな。

 

そのまま連れ添ってルッカの実験場所へ。
タバンの変な動きのエネルギー充填に気をとられつつ、物語が動きます。

隣に転送するだけだったのに、マールが謎のペンダントをもってたために異次元へワープ。
それを追いかけます。

 

追いかけるつもりもなく、習性かな。落ちたペンダントを拾ったら強制的に行くことに。

 

罠ってのは、人の習性や習慣の延長線上にかけたら一発やわ。

今日はここまで。
現在プレイ時間 00:29

僕とクロノトリガー ③

そして、現在。
あれから20年経過した。

 

この20年の間に、クロノトリガーPS版・DS版も発売されしようと思えばいつでもできた。

 

なぜしなかったのか?

 

あの濃い熱量の想いがあったあの小学生の頃、
そのときに手に入らなかった思い出が
どんどん神格化されて

容易に手にいれることに
抵抗を感じていたからだ。


この20年の時を経て
もう充分な誠意をみせれただろう。

いまこそ冒険のとびらを開くとき。いざ。


あ、Amazonで注文したよ。3000円くらいで、
DS版ソフトとDSi本体が手に入りました。
なんとまぁいい時代になったことだ。