ホンイキの妄想

看護師33歳 国境なき医師団をめざしてます。すきなことをとことん研鑽して、そこから見えるみらいを創造します

しごとの未来

最近、よく語られること。

 

看護師としても、

ちゃんと考えないと、とおもってる。

 

でも、むつかしいよね。この話題。

 

これだっ!

などと思っても

いろいろ勉強してるうちに

やっぱこうかな?とか変わるから。

 

でも、やっぱり考えることはおもしろい!

 

看護師はロボットや人工知能

代替されるかなー?

人相手のおしごとだから

ムリなんじゃない?

複雑だし。

 

とかおもってたけど、これあまいよね。

 

知識なんてものは、スマホ

しらべたほうが正確だし

ふつーにまけるよ。

 

くるしい、、って感じて

「息がくるしい」

なんて検索してた患者さんも実際いたし。

 

じゃー、いらないかというと

そーでもない。

 

症状しらべても、いろんな病気

がでてくるから、これかな?

やっぱあれか?

なんて迷うだろーし。

そこから、対応をしらべて

お薬しらべて

治療しらべて

 

なんてことしてたら、

情報過多で

全然ちがった方向にいきそ。

 

現段階ではムリじゃないか。

と結論。

看護という行為をかわってくれる

ロボットなんてない。

 

だけど、今後はできてくるんだろーな。

 

いまのとこ、そしてこれからも

自信もてることは、

人の感情を察知して

なにか、したいって気持ちは

人が人にしかできない

ナニカがある。

 

そのパワーを信じて

研鑽していけば、

このしごとが不必要と

思われることはないのではないかと

いまはおもう。